チョコレートとコーヒースティック

ちびっこに人気のスウィーツの一つにチョコレートがあげられます。
ちびっこだけでなく、大人でも疲れたところ少しつまんで食べている者や大好物で一年中食べる者もいるかもしれません。
チョコレートと聞くと、食べ過ぎて太ってしまったり、にきびができ易くなったりと、カラダにあまり良くない存在と思っている者もいるかもしれませんが、規則正しい食べ方をする結果、様々なメリットが得られます。
元来日本のチョコレートは、苦々しいカカオに、脂肪分や砂糖などが与えられ、軽々しくまろやかにして販売されています。
但し近年ではカカオの割合が大きい産物が多く販売されています。
これはカカオに含まれるポリフェノールに着目していらっしゃる。
ポリフェノールは赤ワインに数多く含まれ、ありとあらゆる病の原因となる活性酸素を止める働きがあります。
カカオにはこういうポリフェノールが赤ワインよりもはるかに数多く含まれているといわれています。
またポリフェノール以外にも、カルシウム、鉄、亜鉛などのミネラルも豊富に含まれています。
チョコレートを食べる場合には、なるべくカカオの混入が高いものを選ぶことが大切です。
また召し上がるには1日に50グラムを目安に食べるとよいでしょう。
コーヒーを飲みたいと思っても、いつでもドリップなどができる環境にいるわけではありません。
それに、自分で本格的に取り入れるのはそもそも難しいと感じている方もいる事でしょう。
そんな時にはコーヒースティックだ。
多くの製造元も販売されているので、自分の好みのものを忍ばせておけばいつでも好きな時に旨いコーヒーが飲めます。
製法も簡単で、コーヒースティックの中にはもう既に調合された粉末型式のコーヒーが入っていますので、お気に入りのマグカップに開封して粉をいれ、後は適量のお湯を注げば出来上がりだ。
かき混ぜればそこに残るような事もありません。
濃い目にしたければ少なめにお湯を入れるか、またはスティックを多めに取り扱うというやり方もあります。
コーヒースティックの良さはその手軽さだ。
携帯し易くなっていますし、何より味も色んなものがあるので、幾つか購入しておくとその時々で食らう事も出来れば、悠然とくつろぎ時間にふんわりとカフェオレを楽しむ事もできます。
値段も手頃で賞味期限も長いものが多いですから、いつでも好きな時にコーヒーを飲んで安心できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です