パラベンと鉱物油・・・どちらも避けたいもの

パラベンはコスメティックスや夕食が腐食しないように付与始める化学物質だ。

パラベンには5階級あり、エチルとブチル、メチルやプロピル、ベンジルといった5階級のパラベンがあります。

全品防腐剤ですが、エフェクトが違ってきます。

作用が違うから、2つのみを併用して、コスメティックスに構築する事によって更に滅菌を発揮できる様になります。

メチルパラベンという物質がありますが、それは食品にも使われている成分であり、安全性が高い面から、安心して使うことができます。

但し、防腐剤は100パーセント安全ではなく、時には問題を招きます。

コスメティックスの多数に配合されていますが、コスメティックスに添加しても件数は決まっています。

微少でも表皮に欠点を与える心配はあります。

パラベンを付与したコスメティックスを通じて、UVにあたると、日焼けした場合、シワ、変色といった退化が早く進行してしまう可能性があります。

日焼け止めは良いですが、抵抗年月が決まっている結果、規定以上の年月の陽射しを受けるとトラブルが生じます。

ただし、近頃、販売しているコスメティックスの中で、パラベンによっているコスメティックスがたくさんあります。

欠点はありますが、腐敗を抑制してくれるアドバンテージが強みです。

腐食したコスメティックスを塗り付けるよりも明らかに予防となります。

ところで
鉱物油は人肌によくないとオイルフリーのコスメティックスを選ぶ方がいらっしゃるようです。

鉱物油は陽射しに当たったり年月とともに酸化するので、人肌に付けると変色やそばかすなどの肌荒れの原因となるからという理由です。

ただ、これに関して、現況はかなり背景が異なるようなのです。

確かに長期までのコスメティックスに含まれる鉱物油はいわゆる「メーク焼け」という異変が引き起こされることがありました。

これは鉱物油自身が問題ではなく、精製が未熟だったからといわれています。

つまり、むかし、コスメティックスでメーク焼けしたのはこういう油が原因ではなく、油に含まれる毒が引き金だったわけです。

今の精製のわざは昔に比べると格段に良くなって、ほとんど毒を含まない状態にまで精製できています。

そのため鉱物油配合のコスメティックスによってメーク焼けといった異変がおこることはあり得ませんので、安心して使うことができます。

このようにコスメティックスに使われている鉱物油の毒はほぼ心配無用ですが、すべての方が安心できるわけではありません。

ミールアレルギーがあるように油に対してアレルギーレスポンスがある方の活用は控えるべきです。

さらに面皰など油分が異変を悪化させるような肌荒れをお持ちの方の選択もあまりおすすめはできませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です