ラクターぜとリパーゼ

アイスを食べると腹部がゴロゴロしやすい、腸をくだし易いというほうがいますが、その原因としてありうるのが腸内に「ラクターゼ」があまり存在していないからです。
乳製品にはラクトース(乳糖)が含まれています。
こういうラクトースは多糖分なので、こちらが吸収するためには単糖分に分解しなければいけません。
こういう多糖分から単糖分に分解する酵素が「ラクターゼ」だ。
こういうラクターゼが腸内に数多く存在していれば、乳製品を食べても腸内できちんと吸収される結果、何も大丈夫のですが、腸内にあまり存在していない場合はラクトースの体得が上手くできません。
そのため腸に負担がかかり、ゴロゴロしたり、おなかを壊してしまう。
そういったラクターゼを獲得するとして有効なのはカルピスやヨーグルトを取ることです。
上記には乳酸菌が豊富に塞がり、乳酸菌にラクターゼが含まれています。
これらを毎日食べたり飲んだりすることで、腸のラクターゼを増やしておなかをこわし難くすることができます。
また、続け易く呑み易い栄養剤もおすすめです。
このようにラクターゼは乳糖を分解することができる酵素で、腸内で少ない場合はおなかをこわしやすいという特徴があります。
カラダを改善するためにはヨーグルトや栄養剤を毎日飲んで腸内を整えることをおすすめします。
リパーゼは中学生程度の理科の時間でも習ったかもしれませんが、酵素の一つだ。
主に膵臓から分泌される膵液の中に含まれ、脂肪を分解して小腸から吸収をこなせるフォルムにする働きがあります。
料理中にある脂肪ですが、もちろん細いプロセスは異なっていますが、カラダとして、脂肪酸のグリセリンエステルと呼ばれる化学プロセスを持っています。
エステルは二つの化学プロセスの複合様式の一つですが、要は脂肪酸というものとグリセリンというものとがくっついているのが脂肪なのです。
こういう脂肪は、そのままの形では大きすぎて小腸から体得できません。
吸収するためには分解する必要があるのですが、そのはたらきをしているのがリパーゼであり、そしてどうして分解しているのかというと結論は上に書いたままだ。
つまり、エステル複合の部分をちょん切って、脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解するはたらきを持っているのです。
因みにこういうリパーゼは膵液中にあるものが最も有名で、それこそ中学生の理科の時間にもあるくらいですが、本当は細胞中にも存在していて、それぞれの細胞内での脂質代謝にも関係しているのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です