脂質の分解に必要な酵素と多糖類の分解に必要な酵素

脂質分解するための咀嚼酵素のひとつである脂肪分解酵素はリパーゼとも言われています。
脂質分解のリパーゼで咀嚼された中性脂肪は遊離脂肪酸やグリセロールになり、血中でカラダに含まれていきます。
リパーゼは咀嚼の働きをする咀嚼酵素の1つであり、3大栄養分の中で脂肪を分解する義務がある酵素だ。
リパーゼには大きくわけるとホルモンセンスリパーゼとリボ蛋白リパーゼがあり、ホルモンセンスリパーゼは中性脂肪を咀嚼し、リボ蛋白リパーゼは血中の中性脂肪を消化するというそれぞれにことなる役割があります。
脂質分解のリパーゼによって咀嚼実行を受けた中性脂肪は、遊離脂肪酸になり内臓の消化をするための苦労になり、こういう余った分は肝臓に取り込まれて再度中性脂肪になるのです。
また肝臓の中に中性脂肪が滞り過ぎると脂肪キーポイントになります。
脂肪キーポイントは動脈硬直や生活習慣病などの病魔のリスキーにもなる結果、油脂や糖分の多い飯を避けることです。
リパーゼを多数盛り込む飯はアボカド、イチゴ、オレンジ、スイカ、梨などの果実や、ほうれん草、トウモロコシ、セロリ、大根などの野菜があります。これらの栄養を摂ったり、脂質分解が期待できる栄養剤によることも良い方法だ。
牛乳を飲むとお腹がゆるくなることがあるのは、乳糖分解の反応が滞っているためだ。
本来はカラダで乳糖分解酵素が働いて、必要な栄養素を吸収していただけるが、乳糖不耐症になっている場合には吸収することができません。
乳糖分解酵素はラクターゼとも呼ばれますが、日本には決定的に不足している者が多いのです。
日本では古代の時期を除いて、近代までは乳製品によることは稀有でした。
そういうこともあって、乳糖不耐症を抱える者が多くなっているわけですが、解決する技はあるので安心してください。
カラダにラクターゼがなくても、乳糖分解の発酵食物を使えば問題なしだ。
ヨーグルトの乳酸菌は、ラクターゼを最初から持っていることもあって、発酵中には乳糖分解の実行を活発にさせます。
このおかげで、牛乳が苦手な者であっても、ヨーグルトを食べれば下痢をする心配もないわけです。
乳糖分解の反応が弱いのは日本人だけはなく、一緒に暮らしているペットも同様です。
猫や犬に対して牛乳を与えてはいけないのは、こちらもラクターゼが不足しているからです。
これに対して、ペット用の牛乳は発明過程で乳糖分解をしている結果、牛乳が飲めない猫や犬にとってもきめ細かい品質になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です